紅葉祭 2018年11月21日(水)
愛情を込めて熱々のおでんを配布した担当の奥野コーチ
今年は全国的に遅い紅葉となりましたが、毎年楽しみにしている方から、昨年のうわさを聞いて参加される方など…昨年を上回るご来場者数となりました。皆さま熱々のおでんを召し上がりながら、幻想的にライトアップされた園内を堪能されていました
貸し切りならではの、クラリネットとピアノによるコンサートやきき酒会もあり、盛大な紅葉祭となりました。来年はベストな紅葉を期待し(笑)、皆さまのご来場をお待ちしております。
 第52回ヴィム杯ゴルフコンペ 2018年10月24日(水)
担当:白石
ゴルフコンペを担当して5年、今までで1番の青空と笑顔が印象に残った第52回ヴィム杯ゴルフコンペとなりました。
清澄ゴルフ倶楽部の特徴であるキャリーがでない柔らかいフェアウェイ、速いグリーンに苦戦した方が多かったのでは…攻略しながらすすめたラウンドの結果はいかに…
みなさんも認める優勝常連、5度目の優勝「 石川紀彦様 」!
ヴィムのゴルフスクールに通いながら熱心にゴルフに向き合うことがしっかりと結果に結びつくことを証明してくれました!石川さんすごい!

表彰式ではお友達の表彰を大きな拍手でお祝いしたり、謙虚ながらちゃっかりしっかり豪華賞品をゲットしたり、皆さんの楽しそうな笑顔をたくさん見ることができました。

次回、平成最後のVIMコンペはアツアツな激闘大期待!『4月17日(水)武蔵OGMゴルフクラブ』で開催します。
初参加の方も、お友達との参加も大歓迎です!大好きな仲間と大好きなゴルフで楽しい充実した一日を過ごしましょう!ご参加お待ちしております。
 優勝常連「石川紀彦様」
 ベスグロ!笑顔がキュートな岩田昭夫様
 団体優勝!みんなでピース✌!
 オータムコンサート
2018年11月10日(土) 
 
(左から)ヴァイオリン 望月さま、スタッフ鈴木・竹山、ピアノ 宮野さま
秋の夜長にクラシック音楽に親しむ♪恒例のコンサート、今回はヴァイオリンとピアノのデュオでした!春コンサートに引き続き、今回も『一般財団法人100万人のクラシックライブ』さんにご協力いただき、ステキな演奏家さんにお越しいただきました。
クラシック音楽好きの方はもちろんですが、『はじめてコンサートに来た!』という方も楽しめるラインナップ。お恥ずかしながら、私はテレビで聞いた程度の知識しか無いのですが(汗)、ショパンの『幻想即興曲』は聞きなじみがありました。それでも、初めて生で聴くと、音の振動や包容力のようなものを感じ、頭の中にお花畑やふわふわしたそよ風が思い浮かんで、心地の良く体にしみわたりました。
途中、トークコーナーではおふたりに楽器の質問から、ふだんのトレーニングの質問まで!
優雅に見えるヴァイオリンの演奏ですが、より良い音を皆さんに聴かせるために、代償として演奏者の背中がバキバキにこっていることも分かりました(笑)まいにちのストレッチが欠かせないそうです。美しい演奏の裏には、たゆまない努力があるのですね!
お客様からの質問コーナーも盛り上がり、皆さんがこのコンサートを通じてより音楽に興味を持っていただけたのを感じました。
ヴィムならではのこの距離感や、気軽にジャージのまま楽しめるのも魅力!スポーツだけではないヴィムの楽しみをこれからもご期待ください(^^)
 2018年アニバーサリフェアメインデー
2018年7月16日(月)  
     担当:竹山コーチ&白石コーチ
30周年を迎えたヴィム!この夏さらにパワーアップしたホットな一日となりました!

一人ひとりが華やかに輝いたフラのステージ☆
大人のエレガントな雰囲気に魅了され、みんなメロメロ~♡
来年の夏も楽しみにしてます♪
スペシャルゲストのリフティングパフォーマー【Stylers/スタイラーズ】
ヴィムのメインデーを一緒に盛り上げてくれました↑↑
寝ながらでも、縄跳びしながらでもボールを落とさずリフティングしちゃいまーす⚽
おやおや!あんなところから竹山コーチ!ビンゴの行方を握る重要任務はいかに? 
「やぐらからの眺めは最高じゃ~」←竹山コーチの心の声
会場のボルテージは最高潮!ヴィムの建物がパンクしそうなくらい激アツ満員御礼!
30周年を迎えられたのも楽しい1日となったのも、いつもご利用いただいている皆様のおかげです。ありがとうございます。これからも楽しいヴィムライフをお届けします!
このあつーい夏を乗り越える身体づくりをぜひヴィムで。カラダもココロも元気に過ごしましょう!
 100万人のクラシックライブ
平成30年5月12日(土)  
     担当:竹山
ヴィム×100万人のクラシックライブを開催いたしました!
今回のコンサートのテーマはズバリ「名曲で巡るヨーロッパの旅」!!
スペインの〝スパニッシュダンス/ファリャ=クライスラー″、フランス・ドイツ・イタリアの〝アヴェマリアファンタジー/カッチーニ、シューベルト、バッハ″等、皆様の聴き馴染みの多い曲をお届け♪
ヴァイオリン:細川 奈津子様、ピアノ:阿部 大樹様のお二人が奏でる素敵なハーモニーがヴィムに響き渡りました。

他のクラシックコンサートでは味わえないヴィムコンサートの最大の特徴は、
演奏者と観客がとにかく「近い」ということ!

その①~物理的な距離の近さ~
他のコンサートでは演奏家↔聴き手の距離がある会場が多いかと思いますが、ヴィムのコンサートは違います。その近さは、奏でられる音の振動を体感していただけるほど・・・!ハイレベルな演奏を演奏家の指使いや息遣いまで感じられる距離でお楽しみいただけました。

その②~演奏家の親近感をもてるお話~
演奏家のお二人が一曲一曲、演奏の合間に曲の説明や聴きどころなど細かく話してくださいました。たとえば、ギターのように指で弾く奏法を実際に披露していただき、曲中のどこで使われているのかを見逃さないように聴いてみたりなど、普段クラシックに馴染みがない私でもとても楽しく演奏を聴くことができました♪また、演奏家自身の演奏曲に関するエピソードトークなどもあり、とても親近感を持って聴くことができました。

演奏会終了後、「すごい迫力で1時間があっという間だった!」というお声を多くいただきました。
物理的な距離だけでなく、心の距離も近い演奏会だったからこそ、会場が一体となってお楽しみいただけたように思います。また秋頃、100万人のクラシックライブの開催を予定しています!
お楽しみに!!
 第51回ヴィム杯ゴルフコンペ
2018年5月23日(水)   担当:白石
実にヴィムらしい雨を呼び寄せるお天気で第51回ヴィム杯ゴルフコンペを開催することができました。コースコンディション良好!広々としたフェアウェイでありつつ、正確なショット・アプローチが要求されるコースは挑戦意欲を刺激され、攻めの姿勢で挑まれた方も多いのでは。

攻めの極み、初出場・初優勝の快挙を達成された雨海利和様!誰も成し遂げていない2大会連続優勝でさらなる偉業達成を期待してます♪
41回〜50回の優勝者による取切戦も同時開催。ベスグロも受賞された42回大会優勝の石川様。これからも挑戦お待ちしております。
歴代優勝者のレジェンド感漂うオーラ!並ぶと風格ありますね~
 仲良し3人組、団体優勝:六彌田様・岩田様・小森様
ヴィムは今年の夏で30年を迎えます。これからもヴィムの歴史に刻まれ記憶に残るゴルフコンペを開催していきます!新たな歴史の1ページ目として秋のトップシーズン真只中、10月24日に第52回を清澄ゴルフ倶楽部にて開催予定です。
初参加の方も、お友達との参加も大歓迎です!大好きな仲間と大好きなゴルフで楽しい充実した一日を過ごしましょう!みなさまのご参加お待ちしております。
 三島の春満喫ツアー
平成30年4月18日(水)  
  担当 鈴木
新旧の観光スポットがたくさん!いま多くの観光客が訪れる三島エリアを、ヴィム女子総勢21名で満喫してまいりました。
まずは伊豆の国一之宮・三嶋大社にて、神職さんによる『正式参拝』ツアーに参加しました。
三嶋大社は東海道沿いにあり、奈良・平安時代から鎮座されていたとされています。そんな格式高い神社の普段入れないエリアまでを見学!やはり神職さんの解説があると、普段見過ごしがちな物の意味まで学べ、これから神社に行くときに活かせる知識も満載でした。ちなみに、三嶋大社に祀られているのは、富士山の神様のお父さんだそうです!
お昼ごはんはちょっと足を伸ばし、沼津港で海鮮丼!皆さんのお目当ては生しらす&駿河湾名物の生桜えび!生ならではの食感を楽しめました。
お食事のあとは、皆さんアジやキンキの干物を買い込んだり、海鮮の炉端焼きを楽しんでいる方も♪雰囲気が最高ですね!
昼を過ぎるとお空はだんだん晴れもように・・・!女性のパワー(!?)を感じました。
スカイウォークに向かう私たちを応援してくれているようでした。
残念ながら富士山は厚~い雲に覆われていましたが、雨上がりの澄んだ空気のおかげで海はしっかり見えました!駿河湾のキラキラ光る海面がとても美しかったです。
この400mもの巨大な吊り橋は、美しい海や富士山の風景を全国の人に伝えるために三島の民間企業さんが作り上げたそうです。スカイウォークの周りはまだまだ開発途中エリアで、これからも多くの観光スポットが誕生しそうな予感がしました!
学んで、歩いて、食べて、また食べて(笑)大満足のツアーでした♪
 幸手市さくらマラソン
 
平成30年4月1日(日)  
  引率 竹山
昨年に続き、2回目の参加となる「幸手市さくらマラソン」にヴィムランナー22名で行ってきました!
日本でも有数の桜の名所である権現堂桜堤。その桜のトンネルをくぐり、ランニングができるとても贅沢なコースです。さらに、体力に合わせてコースを選べる(2kmと10マイル)ので、初級者から上級者まで楽しめるという点でのポイントも高く、大会自体の人気も年々人気が上がってきているよう。。。

当日はお天気も良く、絶好のランニング日和!昨年2~3分咲きだった桜も、今年は満開を少し過ぎた頃ということで、桜への期待値も高まりつつ、マラソン大会がスタート!
春風が心地よく、また気温も温かく、スムーズに走りだすことができました。
走りながら上を見上げると、空の青さと桜の薄ピンクの色合いがとても綺麗で、春を体感させてくれました。
途中、菜の花と桜が見えるポイントでは、思わず足を止めたくなるほど、、の景観でした(笑)
 
しっかりと走り、汗を流したあとは、皆さんお楽しみのお花見タイム♪満開の桜の下、完走を称え合い、ランニング話で盛り上がりつつ、ご当地弁当&ビールを美味しくいただきました。
 
お花見の後は、国内温泉ランキング上位の杉戸温泉「雅楽の湯」で心と身体をリフレッシュ♪
ヴィム仲間で楽しいひとときを過ごし、帰路につきました。
ランニングだけでなく、お花見ランチに温泉と、贅沢な時間を過ごしたお花見マラソンとなりました。
 井の頭公園お花見祭
 
3月28日(水)   担当:白石
晴天・春の暖かな陽気・満開の桜。お花見三拍子そろった完璧な演出でヴィムの井之頭公園お花見祭を開催しました!

水面に写る桜・・・まさにインスタ映え!?
ひと気が少ない早朝だからこそ見られる貴重なショット!
スタッフ手作りの口あたり滑らかなぷるぷるのわらび餅に舌鼓。
お花見の雰囲気がさらに美味しくさせる隠し味。みなさまに大好評でした!
花より団子よりかわいい鈴木コーチ♪(^^)
たーくさんの方にお集まりいただきました!
園内№1のヴィムエリアに行き交う人が何事かと足を止めるほどの大盛況ぶり!
利用時間が異なり顔を合わすことがなかった方もトレーニングの話を通じてお友達!
これからさらに輪が広がり、ヴィムライフをよりエンジョイしんでいただけますように(^^)
 
 志賀高原スキーツアー
2018年3月9日(金)11日(日) 2泊3日
   
「ヴィムスキーツアーの締めくくり、志賀高原スキー場へ行って参りました。ヴィムきっての爆弾低気圧コンビ?大桃、前田が皆さんと広大なゲレンデを滑り倒してきました。
出発日はなんとやはり雨(泣)期待を裏切らなかった~。
幸いにも東京だけで、志賀高原は雪と変わり爆弾コンビも少しは役に立ちほっと一息(笑)
ツアーの目玉でもある志賀高原巡りでは、なんと霧氷が見ることができるなどコンディションも、天気も良く気持ちよ~~く景色もスキーも楽しめました。ツアーでは上は寺子屋からず~と下のサンバレーまで、そこから西舘を上がり高天原に到着。翌日には奥志賀、焼額山を滑り、広大な志賀高原を制覇!!流石のヴィムの皆様もヘロヘロになっていました。
スキーを楽しんだ後には、高天原の温泉につかり、心も体も癒してくれました。
夜の懇親会では第一弾の尾瀬岩鞍で撮ったビデオと今回の滑りを見比べ、スキー技術論などスキー談話を楽しむなど、メンバー同士の仲が深まる様子がうかがえました。
最終日には小布施により、おいしい栗ご膳を皆さんで満喫しヴィムへ帰路。
楽しかった~(笑)
来シーズンはどこのスキー場巡りをするのかこうご期待!!是非ご一緒にスキーライフを楽しみましょう
フィジカル 前田
 
 第7回スカッシュヴィムカップ
2018年2月17日(土)  
 
「NiceShot!」仲間からの賞賛。
「バチコーーン!」ボールの弾く音。
ヴィムのスカッシュが白熱したゲームで最高潮に盛り上がった第7回スカッシュヴィムカップ。
練習以上のプレイが見られゲーム中に上達していく姿、ボールを追いかけるギラっとした目、とてもかっこよかったです。練習している姿を見ている分、つい応援にも熱が入ってしまいました。
ひとつの選択がミスにつながり得点を許してしまったり、粘りに粘って得点した時の喜びは格別!スカッシュはこれがあるからたまらない!
スカッシュでボールを追いかける楽しさはトレーニングの楽しさとは違った、わくわく・どきどきがプラス!はじめての方も安心のレッスンをご用意しています。ヴィムで新しいスポーツにチャレンジしませんか?
 夏油高原スキーツアー
2018年2月2日(金)~2月4日(日)  
  豪雪に満足の奥野コーチ(笑)
ドローンでパノラマ撮影~夏油の絶景に圧巻!!
近年、東北の人気スキー場の夏油高原スキー場に行ってきました。
積雪量日本一を競うスキー場だけあって、雪は豊富にあり豪雪、現地のガイド付きツリーランも楽しめました。写真の通り天候にも恵まれ、最高のコンディションで滑ることができました。スキー後は、名物の美人の湯(瀬美温泉)で体も心も癒し、一日2回~3回入浴する方も…(笑)お食事は、岩手の郷土料理や地酒を堪能!しっかり、蓄えて(太って)帰ってきました(笑)その分、ヴィムでトレーニングしないと、と反省(苦笑)
3月にはヴィムスキーツアーラスト、志賀高原スキー場。ぜひ、日本を代表するビックゲレンデに!皆さんのご参加をお待ちしております。
 尾瀬岩鞍スキーツアー
 
2018年1月12日(金)~14日(日)  
 
雪山の壮大さ、板・ブーツの感触、澄んだ空気に青空!待ちに待ったスキーシーズンのスタート!
シーズンの始まりはまず足もとから!足まわりを確認する尾瀬岩鞍のレッスンは、滑っている姿を前からも後ろからもムービーで撮ってみんなですぐチェック!「もっと重心のせていいんだ~」「頭ではわかっているけど体がね~(笑)」など滑っている自分の姿を見ると気づきがいっぱい。便利なスマホを使って、目で体で感じるレッスンとなりました。
関東最大のビッグゲレンデともあり、雪のコンディションやレベルに合ったコースを選びながら滑るフリースキー組もビュンビュンとばし、風を切って滑走する爽快感をたっぷり味わい大満足!
息の合ったコラボレーション“トレイン”で仲間と滑る楽しさもヴィムスキーツアーのポイントですね!
ウィンターシーズンはまだまだ続きます。2月はヴィムツアー初、日本屈指の豪雪で人気急上昇中スキー場「夏油(げとう)高原」、3月はシーズンに必ず行きたい大人気スキー場「志賀高原」。
ボーダーの方も大歓迎です!2018年のウィンターをヴィムの仲間と楽しみましょう!
 お正月イベント
1月4日(木)  
  担当 竹山
あけましておめでとうございます!
2018年最初のイベントは毎年恒例のお餅つき大会を開催!
今年はお正月らしく日本伝統芸能、江戸大神楽の鏡次さんによる傘廻しパフォーマンスで、新年を縁起よくスタートしました!毬を転がす芸では小さなお子様に傘の上に毬を投げいれてもらうなど、パフォーマンスのお手伝いをしてもらう場面もみられました。また、傘廻しのほかにも細い紐で棒を立て、さらにその上に水の入ったお椀やグラスを乗せるというスリリングな芸もあり、手に汗を握るパフォーマンスに会場は大興奮でした。
     
パフォーマンスの途中、新入社員の伊藤コーチ、野間コーチも傘廻しにチャレンジ!!
     
苦戦しながらも、なんとかいつもより余計に回しておりました(笑)

傘廻しパフォーマンスの次は、「ソーレ!」「ヨイショーッ!」の掛け声とともに力を合わせてお餅つき大会がスタート!小さなお子様からなかには米寿記念にというメンバー様もいらっしゃいました。
たくさんの方にご参加いただき、なんと一日合計7臼分ものお餅をつき上げました!
     
 つきたてのお餅はお汁粉にしてお召し上がりいただきました。杵と臼でしっかりとついたお餅は「伸びが良くなめらか。なお且つコシがある!」との絶賛の声も。自分でついたお餅はより一層美味しさUP!?
つき逃してしまった方、食べ逃してしまった方はまた来年お楽しみに♡

2018年もヴィムは皆様が健康で、また笑顔でい続けられる、活気あるクラブであるよう走り続けます!
本年も宜しくお願いいたします!
 秩父夜祭ツアー
2017年12月3日(日)  
  引率:竹山コーチ
昨年に続き、今年2回目となる秩父夜祭ツアーへ行ってきました!
三大曳山祭の一つとして数えられており、会場付近に到着すると、あちらこちらからお囃子の太鼓の音が聞こえてきたり、たくさんの出店が出ていたり、、、秩父の街はすっかりお祭りモード一色で大賑わいでした!
そんな秩父の街を楽しみつつ、あっという間に日は暮れ、いよいよ秩父夜祭がスタート!
豪華絢爛な屋台の曳き上げと同等の見どころとして挙げられるのが、澄み切った夜空に打ち上げられる約6000発の冬花火!
そんな花火の今回の鑑賞場所はなんと!会場すぐそばにあるヴィムスタッフのご実家屋上!!屋上から見る花火は大大大迫力!美味しい自家製の甘酒をいただきながら、これ以上ない特等席で優雅なひとときを過ごしました。
花火が終了すると、いよいよクライマックス!!屋台の曳き上げを間近で観ることができる桟敷席に戻り、豪華絢爛な屋台が曳き上げられてくるその様子をじっくりと見守りながら鑑賞しました。団子坂を駆け上がり到着したばかりの屋台からは熱気や気迫が感じられ、煌びやかな6基の屋台が揃うとその迫力と豪華さに寒さや時間を忘れ、圧倒されてしまいました。最後まで観れて本当によかった!との声も。
今回のツアー、特等席での大迫力の冬花火と間近での豪華絢爛な屋台の曳き上げの鑑賞、秩父夜祭を目一杯堪能したツアーとなりました!
このページのTOPへ
ヴィムスポーツアベニュウ 〒168-0081 東京都杉並区宮前2-10-4 TEL.03-3335-6644 FAX.03-3247-2620 E-mail:front@vimsports.net